独立したエンジニアが感じる健康の不安

会社勤めのエンジニアは、職場での待遇に不満を感じている人物もいる。そこで独立しフリーランスとして働く事も考えられる。フリーの立場になると、組織のしがらみから解放される。また上手く仕事を得られれば、高収入も得られるのが魅力である。
しかし実際に独立してみると、企業に属していた頃とのギャップに驚くケースが多い。例えばフリーランスの立場になると、健康面の不安が大きい。企業に勤務していた頃には、体調を崩しても同僚たちがサポートしてくれる。
しかしフリーエンジニアは、不測の事態に対して全て一人でカバーしなければならない。多少体調が悪くとも、こなさなければならない仕事もある。体を壊して初めて、会社に勤めていた頃のメリットに気付く場合もよくある。
そこで万が一仕事ができなくなった場合の備えが重要である。蓄えや保険といったいざという時の資金源は用意した方が安心である。またフリーランスのエンジニア同士のネットワークも、いざという時に役立つ。フリー同士で互いに助け合えば、独立した仕事のデメリットをある程度カバーできる。困った時に互いに助け合う関係を築いたり、仕事で役立つ情報交換をこまめに行うようにすれば、会社勤めの時と比較してのギャップは少ない。
それでももしフリーでの仕事が難しいと感じたなら、再び企業での勤務の仕事に戻るという判断もできる。フリーとして働いていた頃の経験は、会社での仕事にも何らかの形で役に立つ。